遺産分割協議書作成の必要性

相続

・遺産分割協議書とは何?
そもそも遺産分割協議書とはどういうもののことを言うのでしょうか。
この遺産分割協議書というのは、遺産分割協議を行った際に作成する書類です。
簡単に言えば「誰がどれだけの遺産をするのか」という内容を決める書類となります。
実際に財産や資産というのは、それぞれの法定相続人の数だけ分割して相続することが必要となってくるのです。
その際、被相続人の遺産をどのように分割するかはとても重要となります。
後々のトラブルにならないように、まずはしっかりと話し合いを進めておきましょう。
なお、一度トラブルになると家族関係に亀裂が入ることもあるので注意してください。
自分本位に考えることのないよう、法律を遵守して相続することが重要です。
そのために必要となってくるのが、遺産分割協議書だと言えるでしょう。

・遺産分割協議書作成の必要性は?
遺産分割協議書に関しては、原則として相続するものがある場合は必ず作成することが必要となってくるので注意してください。
遺産分割協議書があることで、資産や財産がどれくらいあって、それらをどのように分割するのかというのが見えてくるので、作成しておいて損はありません。
もちろん、相続するものがまったくないという場合は、相続する義務もありません。
近年は相続する財産や資産を持っていない被相続人も多く、相続自体がないということもあります。
そうなった時には、遺産分割協議書も作成の必要性がないと言えるでしょう。
ただ、相続は現金などだけではなく、住宅や土地などの不動産も多いです。
また、被相続人が所有している株などの価値のあるものに関しても分割することが必要です。
相続するものがある場合は、しっかりと遺産分割協議書を作成して提出しましょう。
もちろん、わからないことが多いと思うので、その場合は専門家に作成を代行してもらうことも可能です。

・遺産分割協議で注意したいこと
遺産分割をする上で注意したいのが、家族間のトラブルです。
相続する割合に関しては、公平になるように考えていくことが必要です。
ただ、状況によっては遺言書で言及されていることもあるかもしれません。
遺言書に「新しくできた愛人にすべての資産を遺す」とあれば、残された家族は驚愕するでしょう。
しかし、それらのパターンでも遺留分というものがあり、法定相続人が最低限相続できるものもあるので、遺言書がすべてではないということを理解しておくと良いです。
上手に遺産分割協議を行い、その上でトラブルの内容に話し合いを進めてください。