気をつけておきたい遺産分割

相続

大切な家族が亡くなった後、残された家族は遺産相続をしなければなりませんが、遺産相続は何かとトラブルになりやすいとも言われていますし、実際にやるとなると難しそうというイメージもあります。
過去に遺産相続を経験した人に話を聞いてみても、何かしらの相続トラブルを経験している人が全体の70パーセントにも及び、トラブルが多いというイメージはどうしても付きまとってしまいます。

しかしこれは単純に相続人の知識が不足しているという問題も大きいですし、被相続人が生前に相続についてあまり考えていなかったケースもありますので、この点さえしっかり克服できていれば実はそれほどトラブルになることもありません。
それでは遺産相続をするときに気をつけておきたいことにはどんなことがあるでしょうか?

これはまず遺産の種類についてで、どの遺産を相続するかによって手続きの方法も変わってきますから、たくさん相続したからと言って必ずしも自身にプラスになるとも限りませんし、その内容をしっかり把握することがポイントになります。
遺産にはプラスの遺産とマイナスの遺産、相続の対象にならない遺産の3種類があって、プラスの遺産とは文字通り自身にプラスになるもの、マイナスの遺産は負担になるもの、相続の対象にならないものは省かなければなりません。

代表的な遺産で言えばプラスの財産は現金や預貯金、マンションやアパート・自宅などの不動産、自動車などの動産、株式、骨とう品などいろいろなものがあります。
マイナスの遺産は借金や未払い金といったもので、相続の対象にならないのは葬儀にかかったお金や墓石などがあげられます。

また遺産分割するうえで注意しておきたいのが、不動産のように均等な分割が難しい遺産がある場合で、こうしたケースは決してめずらしくありませんからあらかじめ確認しておいたほうがいいかもしれません。
均等に分割するのが難しい場合は相続人のひとりが相続する財産に相当する金銭などをほかの相続人に渡してバランスを取ったり、被相続人が生きていれば生前贈与という形であらかじめ財産を分けておくようなやり方もあります。

さらにプラスの財産よりもマイナスの財産のほうが多かった場合は、相続人にとってもマイナスになってしまいますので、あまりにもマイナスが多いと大きな負担がかかってしまいます。
そういった場合、わざわざ相続するメリットもありませんので、相続放棄あるいは限定承認も検討する必要があります。