遺産分割調停を行って気を付けておく注意点

本来なら被相続人が遺言書や公正証書などの書面で詳細に遺産分割について残していると、その内容に従い遺産を分配することになります。
ただ遺言書や公正証書がない場合もあって、その時には法定相続人が遺産を受け取る権利を得ることになりますが、一人とは限らないことで大抵は複数人の該当者がいます。
そこで生じてくるのが遺産分割に関するトラブルで、発生した場合には遺産分割協議を行うことになります。
しかし、スムーズに話が進まないことや破談となってしまうこともあって、このように遺産相続に関してどうにもならず行き詰まってしまった時に行うのが遺産分割調停です。

では、遺産分割調停を行うにあたって気をつけるべき注意点には、どのような事柄があるのでしょうか。
遺産分割は相続人全員で実施する必要があって、そうでないと財産取得が定まらない相続人が出てしまいますし、参加できなかった相続人との間で後日紛争が起こる恐れがあります。
そこで、遺産分割調停するにあたって気を付ける注意点のひとつは、相続人に抜けがないかついて調査する必要があるということです。

もうひとつの注意点は、あくまでも被相続人の財産について分割するものなので、本当に被相続人の財産なのかどうかを確認する必要があります。
特に不動産は誰のものなのかを明確にする必要がありますが、そうしたことでもめる場合には、合意があれば遺産分割調停の中でまとめて話し合うことができます。

遺産分割協議にしても遺産分割調停にしても手続きが想像以上に面倒で、やらなくてはいけないことが多くて時間がかかってしまうものです。
また、一つでも書類などが抜けてしまうと手続き自体が進まなくなってしまう可能性もあるので、手順をしっかりと確認した上で進めていく必要があります。
こうした手続きに関係する事柄も遺産分割調停を行うにあたっての注意点のひとつになります。
できることならトラブルを防ぐためにも生前に話し合いをして、遺産分割協議や遺産分割調停を必要としないことがベストです。