遺産分割調停に弁護士は必要なのか?

遺産相続において様々な理由から遺産分割協議や遺産分割調停が必要になることも少なくありません。
その際に専門知識を有する弁護士に相談や依頼をした方が良いのか、自分たちで行った方が良いのかで悩むこともあります。
そこで、遺産分割調停を行う際に弁護士に相談・依頼をすると、どのようなメリットがあるのかを知っていると判断材料として参考になります。

遺産分割調停を弁護士に依頼することにより、申立に必要な書類の取得から作成まですべてを任せることができるので、煩わしい準備にかかる時間も手間も省くことができます。
また、申立後も代理人として関わってもらうことができるので、遺産分割調停に同席するなど常にサポートしてもらえる安心感が最大のメリットとしてあります。

弁護士が持つ法的な専門知識が加わることにより調停委員を味方につけやすくなって、有利に遺産分割調停を進めていけるようになるといったメリットもあるのです。
実は調停委員と言っても法的な根拠のある主張に対しては非常に弱いもので、弁護士から法的な根拠を背景に発言されると、そのまま受けざるを得ない場面も少なくないのです。
遺産分割調停で話がまとまれば良いのですが、話し合いがまとまらなくて不成立になった時に審判を下すのは裁判官です。
弁護士による法的な根拠がある発言は、このような時にも間違いなく有利に働いてくれるので、審判までを見据えるのなら弁護士のサポートは大きなメリットになります。

このようなことからも理解できるように、遺産分割調停に弁護士がサポートしてくれることで不利になることは何一つないのです。
遺産分割調停において絶対に失敗したくないとか、少しでも有利に進めていきたいなどと考えているのなら、弁護士への相談や依頼はおすすめと言えます。
ただ、相談だけなら無料相談というのもあるので良いですが、正式に依頼するとなれば必ず費用が発生してくるので、費用という面も考えて依頼を検討する必要があります。