遺産分割における相続分譲受人のメリット

相続分譲渡とは、相続人が受け取る相続分をそのまま、他人に譲り渡すということで、有償・無償どちらでも可能なのです。
ここにおける相続分というのは、個々の遺産の共有持分・共有権のことを示しているわけではありません。
相続分とは遺産全体に占めるその相続人の取り分の割合のことで、つまり遺産に関する相続人としての地位を指しているのです。

その為、相続分全体を譲渡した場合には相続人としての地位も失うことになって、その後の遺産分割などに参加する地位を失うとされています。
このように相続分を渡すと相続人としての地位も失うので、相続放棄と似た意味と考えられますが、相続分譲渡には相続放棄と違って、遺産分割で様々な活用ができる場面もあります。

相続放棄の場合は放棄した相続人が、初めから相続人ではなかったと考えられるので、放棄した人が最初からいなかったという前提により計算をし直されます。
しかし、これに対して相続分譲渡の場合は、最初から相続人でなかったということにはならないで、相続分を譲渡することにより特定の相続分譲受人に相続分を譲り渡すことができるのです。
その結果、相続分譲受人となる方の遺産に占める相続分の割合を増やすことが可能になるのです。

これ以外にも遺産分割において、相続人の人数を減らすことが可能となる点も挙げられます。
何代にもわたって相続手続がされていないと、相続人が非常にたくさんになってしまいます。
そうなると遺産分割協議を成立させようと考えた場合に、相続人全員が合意しなければ成立しないことから非常に苦労することになるのです。
相続分譲渡を受けて相続人の人数を少なくすると、遺産分割協議がやりやすくなって、こうした事態を解消することができるのです。

また相続放棄の場合は、一方的に放棄の手続きをするだけですが、相続分譲渡なら一定の金額をもらうことと引き換えに相続分を譲るという交渉も可能になるのです。
つまり、相続放棄と違って有償での譲渡が可能になるという点もあるのです。